お知らせ

小角の隠れ宿のブログをお読みいただいている方へお知らせ致します。 2024年8月1日よりAmebaブログへ移行します。小角の隠れ宿のAmebaブログについては、こちらからアクセスしてみて下さい。 https://ameblo.jp/ozuno-kakureyado/ 引き続き、小角の隠れ宿ブ…

7月20日(乙酉)日々の吉凶

悪日 太歳神は本日より南に移動されました。仕事のこと、修行[レベルアップ]の事をする期間となります。また黄道は現在「摩宮」を巡ります。この期間は、警戒心と保守的な意識が強くなり、思慮深く、慎重になります。また忍耐力も備わるため粘り強くなりま…

7月19日(甲申)日々の吉凶

悪日 土用の入り 太歳神は現在、北におりますので、健康のことを意識する、自分より下のものを助ける、整理整頓や掃除など(特に北)身の回りを綺麗にする期間となっています。また黄道は午前6:00より「摩宮」に巡ります。この期間は、警戒心と保守的な意識…

7月18日(癸未)日々の吉凶

悪日 太歳神は現在、北におりますので、健康のことを意識する、自分より下のものを助ける、整理整頓や掃除など(特に北)身の回りを綺麗にする期間となっています。また黄道は「弓宮」に巡ります。この期間は、活動的と瞬発力の暗示があるので、忙しく動き回…

7月17日(壬午)日々の吉凶

吉凶半々の日 太歳神は現在、北におりますので、健康のことを意識する、自分より下のものを助ける、整理整頓や掃除など(特に北)身の回りを綺麗にする期間となっています。また黄道は「弓宮」に巡ります。この期間は、活動的で、瞬発力が備わるので、忙しく…

7月16日(辛巳)日々の吉凶

悪日 百鬼夜行 現在、太歳神は北におります。この期間は、健康のことを意識する、自分より下のものを助ける、整理整頓、掃除など(特に北西)綺麗にする期間となっています。また黄道は「蝎宮」に巡ります。この期間は良くも悪くも、物事に対して徹底的に打…

7月15日(庚辰)日々の吉凶

悪日 新盆送り火・海の日 本日より、太歳神は北へ移動されました。この期間は、健康のことを意識する、自分より下のものを助ける、整理整頓や掃除など(特に北西)綺麗にする期間となっています。また黄道は「蝎宮」に巡ります。この期間は良くも悪くも物事…

7月14日(己卯)日々の吉凶

悪日 新盆中元・上弦の月 現在、太歳神が南にいらっしゃるので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となっています。また黄道は「秤宮」に巡ります。公正で分別の能力が上がり、自己の独立性を守りつつも、他人と交わって調和を保とうとする…

7月13日(戊寅)日々の吉凶

悪日 新盆(迎え火) 現在、太歳神が南にいらっしゃるので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となっています。また黄道は「秤宮」に巡ります。公正で分別の能力が上がり、自己の独立性を守りつつも、他人と交わって調和を保とうとする性質…

7月12日(丁丑)日々の吉凶

吉日 現在、太歳神が南にいらっしゃるので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となっています。 また黄道は午前中「女宮」午後「秤宮」に巡りますが、午前中は豹尾神(計都)は、変動の暗示が大きく出ています。批判的な部分がクローズアッ…

7月11日(丙子)日々の吉凶

悪日 現在、太歳神が南にいらっしゃるので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となっています。 また黄道は「女宮」に巡ります。情報の交流やコミュニケーションの暗示があり、分析力が高まり、また物事の処理能力も高まります。動いている…

7月10日(乙亥)日々の吉凶

吉凶半々の日 初伏 現在、太歳神が南にいらっしゃるので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となっています。 また黄道は6:00まで「獅子宮」、6:00以降は「女宮」に巡ります。6:00以降の女宮は、情報の交流とコミュニケーションの暗示があり…

7月9日(甲戌)日々の吉凶

吉日 本日より太歳神が南へ移動しましたので、仕事をする、修行[レベルアップ]を目標に動く期間となりました。本日の星の巡りは、獅子宮・命宮・張宿・太歳前・金星と並びますので、本日のテーマは「決断と前進」の日となります。 本日も黄道は「獅子宮」…

7月8日(癸酉)日々の吉凶

吉日 本日は、 健康に注意して体力を回復する、自分より下のものを助ける、掃除をする(特に家の西方位)期間となります。 本日より黄道は「獅子宮」に巡ります。この期間はプライドや意志が強くなります。普段おっとりしている方でも、この時期、本気になれ…

7月7日(壬申)日々の吉凶

平日 七夕🎋 本日は、七夕となります。昔の宮中では「七夕の夜は、清涼殿の東庭に葉薦[はごも]を敷き、御灯明と香花を供え、二星会合(星合)の様を望んだと言われております。牽牛星と織女星が年に一度逢瀬を楽しむという、中国の漢代より二星を祭る風習と…